美津風さんの思い出

美津風さんの車やバイク、古民家の改装などなどの思い出ブログです。

釣りに行こう トヨタ ハイエース 4ドア 2200 4WDディーゼル

      2016/03/08

2130

 週末になるとよく港釣りに行っていた時期がありました。
燃費や機敏性が悪いこの手のワンボックスは今まであえて敬遠していましたが、疲れた時はシートをフルフラットにしてそのまま仮眠でき、必要に応じて大きな荷物も運べると言うメリットで乗っていました。

 この手の車は燃費がとても悪いものと覚悟していましたが、確かに近手の買い物ばかりだと5km/Lという具合ではあるものの、夜中に釣り場へ移動していた時には11km/Lという感じでとてもビックリしました。
昼間は信号待ちや渋滞で燃費が伸びないのは当たり前ですが、夜中の千葉南房総への道は黄色の点滅信号ばかりで釣り場まで60kmか70kmの一定走行でノンストップ。
高速道路よりもとても素晴らしい燃費です。
まあ、それだけ南房総は田舎だったということでしょうか、、、。

 今から20年くらい前でしたか、その頃はよく南房総の大原漁港で釣りをしていました。
当時は漁港海底に沢山のシャコが生息していたので、投げ釣り用の仕掛けをそのまま港の足元に沈めておくだけで簡単に多くのシャコを釣ることができました。
イシモチやカレイ等もよく釣れていましたが、私はどちらかと言えばシャコの不思議な容姿や動きを眺めたり、時々釣れるエイや小さいサメを眺めては、その流線型の斬新な形に魅入ってのも好きでした。
 その後その港は海底の砂を出す作業が行われましたが、それをきっかけに全く魚が釣れなくなったので、いつしか私も釣りから遠のいていきました。

 今は名古屋を拠点としているため、いつか三重県の志摩あたりに行って釣りを楽しんでみたいと思っています。
高校までは千葉県の九十九里浜という砂浜、大学時代は湘南海岸という、これまた砂浜しか縁が無かったので、私にとっては志摩の岩浜がとても魅力的なものに映っています。
志摩はレンタルモーターボート屋もあるようなので、まずはそれらのショップや海底の状況、島々の下調べを進めていき、いつでも釣りに行けるよう準備しておきたいと思っています。
2131

   



読んでいただきありがとうございました。

ハイエースや、軽トラなどの改造する車を中古車から選んでみましょう!



トラックを買い替えるなら、まずは査定を!トラック買取.comにアクセスしてみては?



人間工学に基づいて設計「疲れ知らずのシート」と世界で評価され、 ストレスを感じさせず、仕事の効率を高め快適な時間が過ごせるシートはいかがですか?

 - 思えばこんな車に乗っていた , , , , , , , , , , , , , , ,