美津風さんの思い出

美津風さんの車やバイク、古民家の改装などなどの思い出ブログです。

家に事務所を

      2016/03/07

 サラリーマンといえば朝会社へ出勤し、その後社内外で仕事を終えた後、夕方にはまた会社に戻った後に退社するというのが一般的。私も本社勤務をしていた時はそういう生活を送っていました。
が、人それぞれ大きな分岐点はあるもの。
2006年に名古屋へ転勤した時には自宅を事務所として扱い、お客様へは自宅から直行直帰するという勤務形態に変わったのを機にとても仕事がやり易くなり、更に仕事漬けの日々に陥っていきました。

 まあ、せっかく自宅が職場になるという嬉しい気持ちが高じて、、、より仕事がしやすいように一般住宅構造だった1Fを事務所と作業場に改造しました。
この時は持ち家ということもあっていくらでも自由に環境を整えていくことができたことで、私なりに思いっきり理想的な空間を作り上げることができました。
もちろん自費改造という前提でしたので、私が日曜大工しての材料費も最低限の出費になるようプアな改造だったのですが、好き放題いじれたという面で気分的にとても楽しいイベントでした。
 同僚と会う機会が極端に減ったという面では少々寂しくはなりましたが、通勤時間0分、仕事が深夜に及んでも食事や休憩がいつでもできるのにはとても助かっています。

 写真はどちらも作業中の写真。
下地の骨材を作り、電気配線や電話線、ネットケーブルを通した後に壁板を貼っていった風景。
1010
1011
 その後コンクリートむき出しの床面にクッション性床材を貼り付け、終わった時にはかなりの腰痛に、、。
この作業をしている時期、TBSドラマで「おひとりさま」というドラマをやっていました。
その主人公の観月ありさが自宅で使っていたマッサージ機がとてもスマートなものだったので、私も思わず衝動買いしてしまいました。
昔からオートバイ作業等で中腰態勢が続いた後は決まって腰痛が襲ってきていたということもあり、いつかマッサージ機が欲しいとは思っていたものの、ガンダムのような仰々しいものでは邪魔でしょうがないということもあって、あと一歩の決断ができずにここまで来てしまいました。
が、このマッサージ機はそのへんに置いてあっても結構スマートな雰囲気で、実際に使ってみると想像以上にとても気持ちいいものでした。
その後マッサージ機は毎日のように活躍しているので、もっと早くマッサージ機を買っておけばよかったと思うくらい、とても気に入ってます。

 マッサージ機の写真は私では見苦しいのでメーカーPR用のもの。
具体的にはパナソニック社製のマサージソファー。
足首と足裏もマッサージができるものの、それが不要な時にはそれらがソファーの下に簡単に引っ込むので景観もスッキリ。
色も4色くらい選べたかな。
1012
 唯一、とても注意しなければいけないようになったのは、、、仕事がしやすい分、仕事をやり過ぎてしまうこと。
当たり前のことではあるが、やればやるほど広く深く多くの仕事を処理できるばかりか、普通で考えればあきらめざるを得ない難問も、時間が作れるから次から次へ解決していける。
当然売上げも伸び、お客様からの信頼度も上がる。
だから更に時間を割いて仕事をし続けてしまう。
ついには体調不良に、、、、。
皆さんも仕事のし過ぎにはご用心、、。



読んでいただきありがとうございました。

ハイエースや、軽トラなどの改造する車を中古車から選んでみましょう!



トラックを買い替えるなら、まずは査定を!トラック買取.comにアクセスしてみては?



人間工学に基づいて設計「疲れ知らずのシート」と世界で評価され、 ストレスを感じさせず、仕事の効率を高め快適な時間が過ごせるシートはいかがですか?

 - ああマイホーム , , , , , , , ,