美津風さんの思い出

美津風さんの車やバイク、古民家の改装などなどの思い出ブログです。

夏野菜の最後の収穫と翌年に向けての家庭菜園の準備

      2016/01/06

今から7年前くらいのことだったろうか。
それまで荒地だった裏庭に家庭菜園を作ってみようと挑戦してみた。

当時はシャベルやクワしか持っていなかったので、力まかせに開墾していったのだが、、、
土壌は粘土質でカチカチ、、砂利やコンクリート片もいっぱい出土。
これは住宅地ではよくある話しではあるが、「やはりあったか!!」と落胆したのであった。
リタイヤしようかな、、それでも頑張ればなんとかなるかな、、
そんな思いが交互に襲ってきた複雑な心境のまま、作業を続けていった。
砂利やコンクリート片は大きなバケツ8ヶ分を回収。
粘土質を改善するために、ワラを細かく切ったものや牛糞、鶏糞、苦土石灰、土壌再生培養土等を多量に混ぜた。
終わった時にはクワやシャベルはボロボロになってしまったうえに、体中が筋肉疲労で歩くのもままならない状況であった。
それでも先々の収穫を夢見て、耕し作業をそれなりに完了させることができた。
合計5日間くらいかけての作業だったと記憶している。

もちろん、その作業が終わった後にエンジン式の耕運機を入手したのは言うまでも無い。
その後毎年のように秋の収穫が終わった際には耕運機で耕し直し。
表面に出てきた石を回収し、肥料を追加し更に耕運して現在に至っている。
今では見た目も畑らしい土に土壌改良され、美味しい果物・野菜を収穫できている。

今回秋の最後の収穫が終わったので、その最後の収穫と翌年に向けての準備(再耕し作業)を
記録に残してみます。
もちろんズブのシロウト作業であり、思考錯誤しながらの自分勝手な耕作方法。
これから少しずつ勉強して更に良い菜園にしていきたいと思っています。

01 畑収穫期

CA250194

CA250194

CA250197

CA250197

CA250198

CA250198

CA250196

CA250196

CA250195

CA250195

07 収穫期終わり

08 再耕し準備2

09 再耕し準備1

10 連作障害軽減堆肥袋

11 連作障害軽減堆肥袋2

12 再耕し準備2

13 耕し前枯れ苗取り1

14 耕し前枯れ苗取り2

15 再植付け用苗

16 枯れ苗取り完了

17 耕し開始

18 ミミズ

19 端部穴掘り

20 コガネムシ

21 牡蠣殻石灰撒き

22 鶏糞ペレット撒き

23 牛糞撒き

24 連作障害軽減堆肥撒き

25 肥料撹拌

26 肥料撹拌土壌

27 コンクリート境界処理

28 石回収1

29 整地

30 イチゴ肥料1

31 イチゴ肥料2

32 イチゴ肥料撒き

33 ウネ作り

34 ナメトール1

35 ナメトール2

36 ナメトール撒き

37 黒ビニール掛け

38 黒・透明ビニール

39 霜対策用トンネル支柱

40 トンネル支柱1

41 トンネル支柱2

42 空気穴開け

43 全体写真

44 水撒き

45 耕運機清掃

まずはこれで10月での作業が終了。
11月後半には霜対策用の透明マルチ(透明ビニールシート)も張るつもりです。



読んでいただきありがとうございました。

ハイエースや、軽トラなどの改造する車を中古車から選んでみましょう!



トラックを買い替えるなら、まずは査定を!トラック買取.comにアクセスしてみては?



人間工学に基づいて設計「疲れ知らずのシート」と世界で評価され、 ストレスを感じさせず、仕事の効率を高め快適な時間が過ごせるシートはいかがですか?

 - 美津風さんの家庭菜園 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,