美津風さんの思い出

美津風さんの車やバイク、古民家の改装などなどの思い出ブログです。

静か・快適・便利・低燃費な車をリアリフター付き福祉車両に改造 トヨタ アルファードハイブリッド 5ドア 2400

      2016/03/08

この1年半、キャンピングカー仕様でリアリフターを付けたボンゴブローニィをメインカーとして使ってきました。
超フル装備だったことで短距離・長距離を問わずなかなか便利な車でした。
が、ディーゼルターボエンジン故の騒音は郡上八幡の閑静な古民家街には不似合いであり、夜間の出入り時のご近所迷惑感をずっと気にしていたので、2016年を迎えるにあたって車を乗り換えることに。

となると、次はどの車を選定するか、、、という思案も楽しいところ。

自分なりに思うところでは、

*できるだけ静かな車。
  今までディーゼルの騒音を気にしていたので、最低限ガソリン車。
  できればハイブリッドタイプ。
  但し現状の電気自動車や燃料電池車は箱型が無く、ガソリンスタンドも心配なので対象外。

*できるだけ振動の少ない車。
  気持ち良く運転するにはディーゼルではなく、やはり低振動のものが一番。
  できればV6エンジンが最良とも思っていましたが、最近の4気筒も低振動なので範囲内かも、、。

*できるだけ乗り心地の良い車。
  リアリフターを後付けすることを考えれば通常の選択支はハイエースやキャラバン。
  が、それらはエンジンが座席の下であるために騒音、振動、熱が気になってしまうところ。
  やはりエンジンはグランドハイエースやエルグランド、アルファードのようにボンネットにエンジン配置されていた方がベストかと、、。

*できるだけ燃費の良い車。
  省燃費と言えばハイブリッド。
  とかくハイブリッドは割高であり、その価格差を考えれば燃費が悪くても一般のV6エンジンを乗っていてもいいのではないか、、、という考えも一般的。
  が、あまりに燃費が悪い場合には運転を控えてしまうこともあるので、私の性格からすると初めはコスト高であってもやはりハイブリッド(低燃費)で気持ち良く遠乗りしたいところ。

*運転席の後席のドアも開閉できる(5ドア)車。
  このドアがあると、いつも持ち歩いている大バックを簡単に後席へ積み下ろしできるので、後席ドアは必需品。

*水アカが付きにくく、ホコリが目立たない明るいメタリック色の車
  私は周りから見るとマメな人に見えるようなのですが、実際にはめんどくさがり屋。
  当然車もホコリや汚れが目立ちにくく、掃除の際には簡単に綺麗になった方がベスト。
  よってシルバーメタリックや水色メタリック等も候補に挙がっていたのだが、今回は珍しく白メタリックかベージュメタリックに乗ってみたいと思っています。

*フルフラットシート可能で、後でリアリフターも取り付けられそうな車。
  今の福祉車両と言えば主流はサイドリフターやリアスロープ車。
  が、サイドリフターはフルフラットシートでは使用できないため寝転べないという大きな弱点が、、。
  今までキャンピングカー仕様のものを乗ってきたので、やはりその延長上にある寝転べる車が便利。

サイドリフター車

  リアスロープ車は直ちに車イスを乗車させることができないばかりか、乗車待ちの場所がリアゲートが届かない位置にあるために、雨天時にはずぶ濡れになってしまうという大きな弱点があるので、絶対にリアリフターが良いと思っています。
スロープタイプ車両

  更に、、、リアリフターであってもバッタの後ろ足のようなアームが出ているものは3列目のシートが設置できず、格納時に垂直格納するものはリアゲートを開けて荷物を簡単に出し入れできないという欠点あり。

バッタ足型スライドリフター

縦型ゲートリフター

  ちょっと型式の指定しすぎ感が強いものの、やはりここはリフターユニット全てが床下格納できるものが欲しいかと、、。(以前エルグランドやグランドハイエースで取り付けられていたものを見たことがあります)
タウンエースリフター 

*適度な年式・走行距離の中古車であること。
  後で何もいじらないのであれば「新車」と言いたいところ。
  が、今回もリアリフター取り付けや、他にも色々といじり回すことになるため、新車では恐れ多くていじれなくなってしまうという悲しい性格。
  現状、2020年には自動運転車が販売開始されるそうなので、その時には新車+ノーマルのままで乗ろうと思っています。

  それにしても自動運転で寝ている間に目的地へ到着するっていうのは何ともいい話しでしょう。
  ただ、速度制限40km道路はそのまま40kmを守って走るのだろうから、おのずと車の波が40km走行になっていくのでしょうね。
  自動運転車ではない車からしてみれば「何をノロノロ走ってるのか!!」ということになるでしょうし、ヤンキーからしてみれば正に悪夢の時代の幕開けとも言える事態になることでしょう。
  イライラせず、気持ち良く安全に移動するためにも(できれば眠っているうちに移動完了していられれば最高!)、いち早く自動運転車を乗りたいと思っています。

*雪国である岐阜の郡上八幡で使用する機会も多くなるので4WDが必須
  雪かきの行き届いた道であれば2WDでもスタッドレスタイヤさえ履けば十分と思われます。
  が、私の駐車場は月極め駐車場の一番奥にあるため、一度大雪に見舞われると4WDでなければ駐車場への出入りが不能となってしまうため、これも絶対に譲れないところ。
  トヨタのハイブリッドはE-Fourという電気式4WDで、発信時には4WDとなるため、これも範囲内の車種になります。

*高速では楽をしたいのでクルーズコントロール機能付き
  今まで数時間も長く運転していると右足がつってしまうことが多々あありましたが、足つりは一度つってしまうとその後の走行は地獄そのもの。
  ここはぜひクルーズコントロールで楽をし、アクセル操作を激減させて足つり防止をしたいところです。




とまあこんな具合で勝手に考えた結果、今の私にとって最適な車両はアルファードハイブリッド Gタイプ8人乗り ベージュメタリックの車両に、エルグランドのスライドリアリフターを無理やり移植したものがいいかと、、。


車両本体とリフターを入手しました

車両は希望通りアルファードハイブリッド Gタイプ8人乗り ベージュメタリックの車両を探し出せました。
アルファードHV前面

アルファードHV左前面

アルファードHV側面ドア開

アルファードHV後面

エルグランド用のスライドリアリフターも用意できました。
しかも希望通りのリフターユニット全てが床下格納できるものを入手できました。
リフター引取り時

リフター閉

リフター降下

但し、アルファードハイブリッドの床上寸法とリフター寸法の関係上、そのまますんなり固定できるというものではなく、、。
このようにあまりに無謀な計画でしたが、「なんとかなるさ!!」というような気持ちに勢いのあるうちに完成にこぎつければと思っています。


さあ、リフター搭載のための前準備をしましょう

車両本体にリフターを搭載させるため、車両のスペース確保やリフター側の事前準備作業をしていきます。

a href="http://mitsukaze-takashi.com/wp-content/uploads/2016/01/d6fcc6e8706c44d972e01718e1122d24.jpg" rel="attachment wp-att-1911">14 シート取外し

15 サスカバー内張り有り

16 サスカバー内張り外し

17 サスカバー切断寸法書き

18 サスカバー切断

19 サスカバー切断後ペイント処理

20 左サスカバー切断後ペイント処理

21 スペアタイヤ取付けボルト位置

22 スペアタイヤボルトキャップ

23 スペアタイヤボルト

24 スペアタイヤ取付け位置(ノーマル)

25 スペアタイヤボルト移設

26 スペアタイヤボルト移設 目隠しネジ用意

27 スペアタイヤボルト移設 目隠しネジ取付け

28 スペアタイヤボルト移設 目隠しネジキャップ取付け

29 電源配線準備

31 リレーユニット(ノーマル)

32 リレーユニット(ベース下駄上げ+フラット化後)

33 ベース下駄上げ+塗装開始

34 取付けベース切断

35  塗装中(リフター下)

36  塗装中(リフタースライド中)

37  塗装中(リフター格納)


リフター搭載作業を開始します

車両本体にリフターを搭載させるための事前準備作業が終わり、これからリフターを車両に入れ込む作業を始めます。
ここでしばらく作業中断して悩んでいたのがリフターの積み込み方法。
約200kg弱程度でとても重く、簡単には車両に積めそうにありませんでした。
最終的に採用した方法とは、、、
運搬用パレットを積み重ねた上にリフターを伸ばしておき、そこに車両をバックして車内に引き込む方法でした。

38 搭載作業1(搭載前位置決め)

39 搭載作業2(車両バック開始)

40 搭載作業3(車両バック中)

41 搭載作業4(内部移動完了)

42 搭載作業5(前部ボルト止め)

43 搭載作業6(仮置きパレット撤去)

44 搭載作業7(リフター後部のベースカラー

45 搭載作業8(後部ボルト止め)

46 搭載作業9(配線・配管・リフター収納)

47 搭載作業10(リフター下降)

.
.

2列目シートを加工して再設置します /まずは右側2人用シートから

車両本体にリフターを搭載させたため、そのままでは2列目シート、3列目シートが取り付けられない状態。
今回はシート取付け強度を維持しながらもシートベースとしてリフターを活用していく方法を探り、作業を進めました。

具体的には、2ヶある従来のシート用スライド機構を1ヶ(片持ち)とし、もう片方はリフターフレームを下に敷いているという方法です。
家族が2列目、3列目も頻繁にスライド移動して使用するという場合には、リフターフレーム側にもスライドレールを取付けた方がベスト。
私の場合にはほぼ後席シート位置が固定のため、今回はスライド移動後にワンタッチベルトで浮き上がり防止をするという簡易型にしています。
が、簡易型と言ってもスライド可能・回転対座可能になるので、今回はそれで良しということで進めています。



48 2列目右加工前シート

49 2列目右加工前シートベース

50 2列目右加工中シートベース1

51 2列目右加工中シートベース2

52 2列目右加工中シートベース3

53 2列目右加工中シートベース4

54 2列目右加工中シートベース5

55 2列目右取付1

56 2列目右取付2

57 2列目右取付3

.
.

2列目シートを加工して再設置します /今度は左側1人用シートです

今回もシート取付け強度を維持しながらもシートベースとしてリフターを活用していく方法を探り、作業を進めました。

右側同様、2ヶある従来のシート用スライド機構を1ヶ(片持ち)とし、もう片方はリフターフレームを下に敷いているという方法です。

左側もスライド可能にはなっていますが、回転ベースの一部も切除の必要があったため、このシートは回転対座機能を殺せざるを得ませんでした。

58 2列目左加工中1

59 2列目左加工中2

60 2列目左加工中3

61 2列目左取付1

62 2列目左取付2

.
.

3列目シート取付け金具を加工して再設置します

今回もシート取付け強度を維持しながらもスライド機構を活かし、シートベースとしてリフターを活用していく方法を採りました。

3列目シートはノーマル車両同様に人を乗せたりフルフラットにしてベッド代わりにできることはもちろん、3列目シートを両脇に跳ね上げておけばリフターも使用可能です。

63 3列目シート取付け1(跳ね上げ)

64 3列目シート取付け2(後面)

65 3列目シート取付け3(斜後面)

66 3列目シート取付け4(斜前面)

.
.

油圧ポンプ・リレーユニットカバーを製作します

いよいよ作業も大詰め。
今回は油圧ポンプやリレーユニット等のリフター機器類カバー製作です。
カバーを製作したところ、見た目がとても良くなり大満足なものとなっています。

68 油圧ポンプカバー加工1

69 油圧ポンプカバー加工2

70 油圧ポンプカバー加工3

71 リレーユニットカバー加工1

72 リレーユニットカバー加工2

73 リレーユニットカバー加工3

74 リレーユニットカバー加工4

75 リレーユニットカバー加工5

76 機器カバー加工完了

77 リミットスイッチカバー加工1

78 リミットスイッチカバー加工2

79 車椅子固定ベルト装着

89 リフター乗込み1

90 リフター乗込み2

91 リフター乗込み3

92 リフター乗込み4

93 リフター乗込み5

94 リフター乗込み6

.
.

サブナビを取付けます

もともとこのアルファードには大画面のナビが1台装着されていました。
が、知らない道をナビを活用して走行すると当然TVやDVDは見られなくなるわけで、遠方への長時間ドライブでは眠気がさすことも、、。
現状ではちょっと不便なところです。

そこで従来の大画面ナビでTVやDVDを映し、ナビ走行用のサブナビを1台追加装着することによって、より快適な走行を実現させました。

80 ノーマルインパネ

81 インパネ外し1

82 インパネ外し2

83 インパネ外し4

84 インパネ外し5

85 インパネ配線

88 ナビ固定

86 ナビ付インパネ

87 ナビ付インパネ夜間

.
.
しばらくはこの状態で使ってみようかと思います。
が、そのうちまた良いアイデアが涌いてきたらイジり始めますので、これからも時々見てくださいね。

   



読んでいただきありがとうございました。

ハイエースや、軽トラなどの改造する車を中古車から選んでみましょう!



トラックを買い替えるなら、まずは査定を!トラック買取.comにアクセスしてみては?



人間工学に基づいて設計「疲れ知らずのシート」と世界で評価され、 ストレスを感じさせず、仕事の効率を高め快適な時間が過ごせるシートはいかがですか?

 - 思えばこんな車に乗っていた , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,