美津風さんの思い出

美津風さんの車やバイク、古民家の改装などなどの思い出ブログです。

アルファードハイブリッドのエンジン警告灯が点いてしまいました

   

アルファードハイブリッドを乗り始めてしばらく経ちました。
乗り心地もいいし、静かで低燃費、、、そこそこ満足してました。

が、ある日エンジン警告灯が点いてしまいました。
初めはエンジンを掛け直したりで一時的な正常化を図ったりしていましたが、警告灯だけに気になるところ。
しかも私は最近のコンピューター制御車両は配線やセンサ・コントローラー類が満載でちょっと苦手。

ディーラーに見てもらったところ、2ヶあるO2センサーのうち前部のセンサー(エンジン排気口に近い部分)のヒーター線に異常(断線ぎみ)があるとのこと。
この場合、直ちに走れなくなることは無いとのこと。

が、警告灯が点灯している最中に更に他の異常が起こった場合には気がつかずに大きなトラブルへと発展する可能性もあるので、やはりここは正常化することにしました。

ディーラーで交換してもらった場合には部品工賃込みで約¥20,000。
ヤフオクで新品センサを探したところ、送料込みで約¥6,000。
今回はそんなに作業が複雑ではなさそうだったので、迷わず自分で交換することにしました。

以下、その時の作業経過を掲示します。

101酸素センサー交換01

102酸素センサー交換02

103酸素センサー交換03

104酸素センサー交換04

105酸素センサー交換05

106酸素センサー交換06

107酸素センサー交換07

108酸素センサー交換08

109酸素センサー交換09

110酸素センサー交換10

111酸素センサー交換11

112酸素センサー交換12

113酸素センサー交換13

114酸素センサー交換14

115酸素センサー交換15

116酸素センサー交換16

117酸素センサー交換17

118酸素センサー交換18

ということで、今回は無事正常化させることができました。
ディーラーが言うところでは、「O2センサーは消耗品感覚で不具合になりやすいものの、他は故障しにくい」とのこと。
果たして本当にそうだったらいいのですが、、、。



読んでいただきありがとうございました。

ハイエースや、軽トラなどの改造する車を中古車から選んでみましょう!



トラックを買い替えるなら、まずは査定を!トラック買取.comにアクセスしてみては?



人間工学に基づいて設計「疲れ知らずのシート」と世界で評価され、 ストレスを感じさせず、仕事の効率を高め快適な時間が過ごせるシートはいかがですか?

 - 美津風さんの事件簿 , , , , , , , , , ,